• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「魅力度」は3年連続最下位も…茨城県にはお得がいっぱい

 納豆、アンコウ鍋、偕楽園といえば、茨城県。「いばらぎ」ではない、「いばらき」である。関東圏の人々には半ば常識だけど、全国的な知名度はイマイチ。先ごろ発表になった全国47都道府県の魅力度やイメージをチェックする「都道府県魅力度ランキング」でも、残念無念の3年連続最下位(1位は3年連続北海道)だった……。

 図らずも日本一“イメージ薄っ”のレッテルを貼られた格好だが、県はこの苦境を打破すべく、県出身のお笑い芸人・渡辺直美を主人公にしたPR動画を作成。早くも話題を呼んでいる。編集部でも茨城県の魅力を探してみると、観光地や特産物以外に“得する情報”が続々出てきた。」

■“お値段以上”のお買い物

 まずは、目下販売中の「いばらきプレミアム商品カタログ」。1冊4000円だが、送料込みで6000円分のカタログ商品が購入できる。県産品の知名度向上を狙ったモノだけあって、日本一のメロン、常陸牛、伝統工芸品の笠間焼など、こだわりの品々110点がズラリ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る