「魅力度」は3年連続最下位も…茨城県にはお得がいっぱい

公開日:  更新日:

 納豆、アンコウ鍋、偕楽園といえば、茨城県。「いばらぎ」ではない、「いばらき」である。関東圏の人々には半ば常識だけど、全国的な知名度はイマイチ。先ごろ発表になった全国47都道府県の魅力度やイメージをチェックする「都道府県魅力度ランキング」でも、残念無念の3年連続最下位(1位は3年連続北海道)だった……。

 図らずも日本一“イメージ薄っ”のレッテルを貼られた格好だが、県はこの苦境を打破すべく、県出身のお笑い芸人・渡辺直美を主人公にしたPR動画を作成。早くも話題を呼んでいる。編集部でも茨城県の魅力を探してみると、観光地や特産物以外に“得する情報”が続々出てきた。」

■“お値段以上”のお買い物

 まずは、目下販売中の「いばらきプレミアム商品カタログ」。1冊4000円だが、送料込みで6000円分のカタログ商品が購入できる。県産品の知名度向上を狙ったモノだけあって、日本一のメロン、常陸牛、伝統工芸品の笠間焼など、こだわりの品々110点がズラリ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る