致死率50%! リオで蔓延「スーパーバクテリア」の恐怖

公開日: 更新日:

 ジカ熱や強盗などの治安が心配されるリオ五輪だが、さらなる脅威が懸念されている。致死率50%といわれる細菌「スーパーバクテリア」だ。

 リオでは下水処理施設が未整備の地域が多く、海の水質汚染が深刻になっている。現地の専門家が水質を調査したところ、競技会場となっているグアナバラ湾や観光名所のコパカバーナビーチなど5カ所からスーパーバクテリアが検出されたという。スプーン3杯分の水を飲むだけで感染する確率はなんと99%!

■日本への影響は?

 恐ろしいのは致死率だけではない。山野医療専門学校副校長の中原英臣氏(ウイルス学)がこう言う。

「スーパーバクテリアは抗生物質が効かない細菌のことを指し、現代の医学では治療方法がないのが特徴です。水以外にもいろいろな場所に潜んでいます。かかると肺炎などの症状を起こし、体の弱いお年寄りや子どもがかかれば、かなり危険です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る