致死率50%! リオで蔓延「スーパーバクテリア」の恐怖

公開日:  更新日:

 ジカ熱や強盗などの治安が心配されるリオ五輪だが、さらなる脅威が懸念されている。致死率50%といわれる細菌「スーパーバクテリア」だ。

 リオでは下水処理施設が未整備の地域が多く、海の水質汚染が深刻になっている。現地の専門家が水質を調査したところ、競技会場となっているグアナバラ湾や観光名所のコパカバーナビーチなど5カ所からスーパーバクテリアが検出されたという。スプーン3杯分の水を飲むだけで感染する確率はなんと99%!

■日本への影響は?

 恐ろしいのは致死率だけではない。山野医療専門学校副校長の中原英臣氏(ウイルス学)がこう言う。

「スーパーバクテリアは抗生物質が効かない細菌のことを指し、現代の医学では治療方法がないのが特徴です。水以外にもいろいろな場所に潜んでいます。かかると肺炎などの症状を起こし、体の弱いお年寄りや子どもがかかれば、かなり危険です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る