• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

空き缶はインテリアに ポルトガル産缶詰の魅力を識者語る

 ポルトガル産缶詰が人気だという。海岸線が長く、タコやイワシ、マグロ、サバなど豊富な魚介類はもちろん、いろいろな料理に使われるバカリャウ(干し塩タラ)も缶詰になる。その魅力は何なのか。「『レジェンド缶詰』究極の逸品36」などの著書があり、“缶詰博士”と呼ばれる黒川勇人氏はまず「カラフルな缶のデザインのよさ」を挙げる。

「世界に君臨した王国時代を思わせるような格調高いデザインもあれば、イラストレーターによるかわいらしいデザインもあります。デザインのよさからお土産に人気。空き缶はインテリアになります」

 もうひとつの理由は、味つけがシンプルなのだ。

「定番は、イワシのオイルサーディンですが、調理法の違いでバリエーションが豊富です。骨も皮も取り除いているもの、皮だけ取り除いて骨は残したもの、皮も骨も残しているものなど。ポルトガルの大手缶詰会社の担当者に聞いたら、『骨の中にウマ味があるのでイチ押しは骨付き』と話していましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る