空き缶はインテリアに ポルトガル産缶詰の魅力を識者語る

公開日:  更新日:

 ポルトガル産缶詰が人気だという。海岸線が長く、タコやイワシ、マグロ、サバなど豊富な魚介類はもちろん、いろいろな料理に使われるバカリャウ(干し塩タラ)も缶詰になる。その魅力は何なのか。「『レジェンド缶詰』究極の逸品36」などの著書があり、“缶詰博士”と呼ばれる黒川勇人氏はまず「カラフルな缶のデザインのよさ」を挙げる。

「世界に君臨した王国時代を思わせるような格調高いデザインもあれば、イラストレーターによるかわいらしいデザインもあります。デザインのよさからお土産に人気。空き缶はインテリアになります」

 もうひとつの理由は、味つけがシンプルなのだ。

「定番は、イワシのオイルサーディンですが、調理法の違いでバリエーションが豊富です。骨も皮も取り除いているもの、皮だけ取り除いて骨は残したもの、皮も骨も残しているものなど。ポルトガルの大手缶詰会社の担当者に聞いたら、『骨の中にウマ味があるのでイチ押しは骨付き』と話していましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  9. 9

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

  10. 10

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

もっと見る