「ビオワイン」に多くの誤解 日本の有名ソムリエが解説

公開日: 更新日:

「当店は“ビオワイン”を中心に揃えております」――小洒落た店を中心に、よく聞くようになったセリフだ。「ビオワインなら酔わないの」と、ガブガブとグラスを傾ける女性もよく見かける。理由は「酸化防止剤を使っていない」ということ。「酸化防止剤は頭痛や二日酔いの原因になる。だからビオワインはいい」と言うのだが……。

「それはちょっと違うのでは」と疑問を投げかけるのが、神田を中心に人気ワイン店を複数展開する「シャルパンテ」代表の藤森真さん。日本で最も有名なソムリエであろう、田崎真也氏のもとで研鑽を積んだソムリエでもある。

「酸化防止剤の成分は、ブドウがワインになる過程で酸化から身を守るために自然と生成されるものです。揮発性が高いので、人間が必要最小限の量を補填しているに過ぎない。『添加物だから体に悪い』とは言えません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る