海外に住むならカンボジア 有名旅行作家イチオシの理由

公開日: 更新日:

 定年後の選択肢のひとつに「海外のロングステイ」が加わって久しい。裏事情にも精通している旅行作家・下川裕治氏によれば、今、イチ押しはカンボジア。

「銀行への預け金が不要でロングステイの条件が厳しくないなど理由はいくつかありますが、一番のポイントは『働ける』。『定年後はゆっくりしたい』と話していても、日本人は必ず働きたくなる。生きる楽しみのひとつになるし、アジアの他国と日本の経済格差は縮まっており、生活費が結構かかるからです」

 アジアで最も人気のタイやマレーシアは、ロングステイ用のビザを取ると働けない。結果、こんな出来事が……。

●日本人同士の不法就労に対する密告が横行。不法就労といっても「謝礼をもらって手芸を教えた」程度だが、密告で強制送還になることも。

●ひたすらケチな生活。熱帯地域のタイで、金がかかるクーラーは使えず、扇風機のみ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  9. 9

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る