海外に住むならカンボジア 有名旅行作家イチオシの理由

公開日:  更新日:

 定年後の選択肢のひとつに「海外のロングステイ」が加わって久しい。裏事情にも精通している旅行作家・下川裕治氏によれば、今、イチ押しはカンボジア。

「銀行への預け金が不要でロングステイの条件が厳しくないなど理由はいくつかありますが、一番のポイントは『働ける』。『定年後はゆっくりしたい』と話していても、日本人は必ず働きたくなる。生きる楽しみのひとつになるし、アジアの他国と日本の経済格差は縮まっており、生活費が結構かかるからです」

 アジアで最も人気のタイやマレーシアは、ロングステイ用のビザを取ると働けない。結果、こんな出来事が……。

●日本人同士の不法就労に対する密告が横行。不法就労といっても「謝礼をもらって手芸を教えた」程度だが、密告で強制送還になることも。

●ひたすらケチな生活。熱帯地域のタイで、金がかかるクーラーは使えず、扇風機のみ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る