• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

海外に住むならカンボジア 有名旅行作家イチオシの理由

 定年後の選択肢のひとつに「海外のロングステイ」が加わって久しい。裏事情にも精通している旅行作家・下川裕治氏によれば、今、イチ押しはカンボジア。

「銀行への預け金が不要でロングステイの条件が厳しくないなど理由はいくつかありますが、一番のポイントは『働ける』。『定年後はゆっくりしたい』と話していても、日本人は必ず働きたくなる。生きる楽しみのひとつになるし、アジアの他国と日本の経済格差は縮まっており、生活費が結構かかるからです」

 アジアで最も人気のタイやマレーシアは、ロングステイ用のビザを取ると働けない。結果、こんな出来事が……。

●日本人同士の不法就労に対する密告が横行。不法就労といっても「謝礼をもらって手芸を教えた」程度だが、密告で強制送還になることも。

●ひたすらケチな生活。熱帯地域のタイで、金がかかるクーラーは使えず、扇風機のみ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る