じわりブームの「多肉植物」 3つの魅力にオトコはハマる

公開日:  更新日:

「多肉植物」と書かれていると、焼き肉屋の新メニューと思うかもしれない。そうではなく、主に乾燥地帯に生育する植物のこと。代表的なのはサボテンやアロエで、それ以外にも広く多肉植物がじわじわとブームになっているのだ。

 多肉植物の生産・販売を手掛ける「カクト・ロコ」の野末信子さんが言う。

「多肉植物の魅力は、なんといっても年を重ねるごとに出てくる味わいです。同じ品種でも、10年経てば“顔つき”がまったく違ってきます。色も形も様変わりする。その変化ぶりが一番の魅力。もう一つは、水分を多く含む植物なので、触るとプクプクして気持ちいいこと。男性は『耳たぶを触っている感じ』とよくおっしゃいます。赤ちゃんの時にお母さんの耳たぶを触ったことを思い出すのかもしれませんね」

 多肉植物は乾燥地帯を生き抜くため、葉や茎、根の内部の貯水組織が発達し、水分を多く含む。その触り心地に、大の男も癒やされるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る