• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

じわりブームの「多肉植物」 3つの魅力にオトコはハマる

「多肉植物」と書かれていると、焼き肉屋の新メニューと思うかもしれない。そうではなく、主に乾燥地帯に生育する植物のこと。代表的なのはサボテンやアロエで、それ以外にも広く多肉植物がじわじわとブームになっているのだ。

 多肉植物の生産・販売を手掛ける「カクト・ロコ」の野末信子さんが言う。

「多肉植物の魅力は、なんといっても年を重ねるごとに出てくる味わいです。同じ品種でも、10年経てば“顔つき”がまったく違ってきます。色も形も様変わりする。その変化ぶりが一番の魅力。もう一つは、水分を多く含む植物なので、触るとプクプクして気持ちいいこと。男性は『耳たぶを触っている感じ』とよくおっしゃいます。赤ちゃんの時にお母さんの耳たぶを触ったことを思い出すのかもしれませんね」

 多肉植物は乾燥地帯を生き抜くため、葉や茎、根の内部の貯水組織が発達し、水分を多く含む。その触り心地に、大の男も癒やされるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  9. 9

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る