• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

筆記用具の売り上げ増 スマホ時代に“手書き需要”のフシギ

 パソコン、スマホの普及で字を極端に書かなくなったという人も多いが、なぜか筆記具の売り上げは急増している。

 矢野経済研究所によると、14年度の国内ボールペン市場(出荷ベース)は前年比5.8%増の439億円。15年度も2.7%増の予測で、4年前に比べて106億円(30%増)。同様にシャープペンも4年前から18%増と好調だ。

 この現象は出版界にも波及。「夢をかなえる!私のノート術」(宝島社)が発売2週間で7万部を突破している。

 同書では、「『引き寄せ』の教科書」が累計42万部のベストセラーとなっている人気作家、奥平亜美衣氏のノート術も紹介。2年前まで彼女も会社員だったが、「会社が嫌でたまらなかった」ことから手書きのノートをつけるようになったという。奥平さんは日々の出来事の中で、「いいこと」だけをノートに記述。「車窓から富士山が見えた」など単純な日常だが、これらを毎日の通勤電車で読み返すことによって、ラクな気分で会社に行けたという。

 なんと、文通までブームが復活。日本郵便が運営する青少年ペンフレンドクラブの会員数は約1万5000人だ。

 手書きは、SNSでは伝わらない温もりがあるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

もっと見る