筆記用具の売り上げ増 スマホ時代に“手書き需要”のフシギ

公開日:  更新日:

 パソコン、スマホの普及で字を極端に書かなくなったという人も多いが、なぜか筆記具の売り上げは急増している。

 矢野経済研究所によると、14年度の国内ボールペン市場(出荷ベース)は前年比5.8%増の439億円。15年度も2.7%増の予測で、4年前に比べて106億円(30%増)。同様にシャープペンも4年前から18%増と好調だ。

 この現象は出版界にも波及。「夢をかなえる!私のノート術」(宝島社)が発売2週間で7万部を突破している。

 同書では、「『引き寄せ』の教科書」が累計42万部のベストセラーとなっている人気作家、奥平亜美衣氏のノート術も紹介。2年前まで彼女も会社員だったが、「会社が嫌でたまらなかった」ことから手書きのノートをつけるようになったという。奥平さんは日々の出来事の中で、「いいこと」だけをノートに記述。「車窓から富士山が見えた」など単純な日常だが、これらを毎日の通勤電車で読み返すことによって、ラクな気分で会社に行けたという。

 なんと、文通までブームが復活。日本郵便が運営する青少年ペンフレンドクラブの会員数は約1万5000人だ。

 手書きは、SNSでは伝わらない温もりがあるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る