• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昨秋続発の小児まひは「エンテロウイルスD68」が原因か

 厚労省の研究班は29日、昨年秋に全国で原因不明のまひを訴える小児患者が相次ぎ、検査できた患者の約4分の1から「エンテロウイルスD68」が検出されたとの調査結果を発表した。ウイルスが原因の可能性があり、関連を調べている。

 研究班が、昨年8~12月に原因不明のまひで入院した患者の情報提供を求めたところ、33都府県から115人の報告があった。このうちウイルスとの関連性が否定できなかったのは76人で、うち60人が「急性弛緩性脊髄炎」と診断された。発症時期は9月が多く、エンテロウイルスが流行した時期と重なっているという。

 患者の多くは5歳以下で、約8割はまひが残っている。研究班で代表を務める多屋馨子・国立感染症研究所感染症疫学センター室長は「発熱などの症状があり、手足が動かしにくいときは小児科を受診してほしい」と呼び掛けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る