リゾート気分で解放的に オトナの「グランピング」活用術

公開日: 更新日:

 ひと夏の経験、という言葉もよく聞くように、夏の夜は何かとトキメキの多いもの。そんな季節を利用して、夏のイベントとしてアウトドア計画を立ててみてはいかがだろうか。

 しかし、キャンプとなると本格的すぎて嫌がる女子も多いし、日帰りバーベキューでは食べて終わりになってしまう……。ところが、最近ではリゾート感覚でキャンプが楽しめるアウトドアがあるという。それが「グランピング」だ。

 グランピングとは「グラマラス(glamorous)」と「キャンピング(camping)」を合わせた造語で、バスルームやソファ、ベッドなどを備えた豪華なキャンプ施設でアウトドアが楽しめるというもの。都内だけでなく全国的に、今このグランピング施設が増えているのだ。

 恋愛エッセイストの潮凪洋介氏によれば、「自分たちでテントを張ったり、トイレやお風呂がなかったりする原始的なキャンプは、山ガールにしかウケません。ただ、都会のスタイリッシュさを兼ね備えたグランピング施設なら、女性に抵抗感を与えませんし、夏らしいお出かけイベントをしたいという女子は多い。女子と盛り上がるのにはオススメです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る