リゾート気分で解放的に オトナの「グランピング」活用術

公開日:  更新日:

 ひと夏の経験、という言葉もよく聞くように、夏の夜は何かとトキメキの多いもの。そんな季節を利用して、夏のイベントとしてアウトドア計画を立ててみてはいかがだろうか。

 しかし、キャンプとなると本格的すぎて嫌がる女子も多いし、日帰りバーベキューでは食べて終わりになってしまう……。ところが、最近ではリゾート感覚でキャンプが楽しめるアウトドアがあるという。それが「グランピング」だ。

 グランピングとは「グラマラス(glamorous)」と「キャンピング(camping)」を合わせた造語で、バスルームやソファ、ベッドなどを備えた豪華なキャンプ施設でアウトドアが楽しめるというもの。都内だけでなく全国的に、今このグランピング施設が増えているのだ。

 恋愛エッセイストの潮凪洋介氏によれば、「自分たちでテントを張ったり、トイレやお風呂がなかったりする原始的なキャンプは、山ガールにしかウケません。ただ、都会のスタイリッシュさを兼ね備えたグランピング施設なら、女性に抵抗感を与えませんし、夏らしいお出かけイベントをしたいという女子は多い。女子と盛り上がるのにはオススメです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る