• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リゾート気分で解放的に オトナの「グランピング」活用術

 ひと夏の経験、という言葉もよく聞くように、夏の夜は何かとトキメキの多いもの。そんな季節を利用して、夏のイベントとしてアウトドア計画を立ててみてはいかがだろうか。

 しかし、キャンプとなると本格的すぎて嫌がる女子も多いし、日帰りバーベキューでは食べて終わりになってしまう……。ところが、最近ではリゾート感覚でキャンプが楽しめるアウトドアがあるという。それが「グランピング」だ。

 グランピングとは「グラマラス(glamorous)」と「キャンピング(camping)」を合わせた造語で、バスルームやソファ、ベッドなどを備えた豪華なキャンプ施設でアウトドアが楽しめるというもの。都内だけでなく全国的に、今このグランピング施設が増えているのだ。

 恋愛エッセイストの潮凪洋介氏によれば、「自分たちでテントを張ったり、トイレやお風呂がなかったりする原始的なキャンプは、山ガールにしかウケません。ただ、都会のスタイリッシュさを兼ね備えたグランピング施設なら、女性に抵抗感を与えませんし、夏らしいお出かけイベントをしたいという女子は多い。女子と盛り上がるのにはオススメです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る