リゾート気分で解放的に オトナの「グランピング」活用術

公開日:  更新日:

 ひと夏の経験、という言葉もよく聞くように、夏の夜は何かとトキメキの多いもの。そんな季節を利用して、夏のイベントとしてアウトドア計画を立ててみてはいかがだろうか。

 しかし、キャンプとなると本格的すぎて嫌がる女子も多いし、日帰りバーベキューでは食べて終わりになってしまう……。ところが、最近ではリゾート感覚でキャンプが楽しめるアウトドアがあるという。それが「グランピング」だ。

 グランピングとは「グラマラス(glamorous)」と「キャンピング(camping)」を合わせた造語で、バスルームやソファ、ベッドなどを備えた豪華なキャンプ施設でアウトドアが楽しめるというもの。都内だけでなく全国的に、今このグランピング施設が増えているのだ。

 恋愛エッセイストの潮凪洋介氏によれば、「自分たちでテントを張ったり、トイレやお風呂がなかったりする原始的なキャンプは、山ガールにしかウケません。ただ、都会のスタイリッシュさを兼ね備えたグランピング施設なら、女性に抵抗感を与えませんし、夏らしいお出かけイベントをしたいという女子は多い。女子と盛り上がるのにはオススメです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る