多様化する葬儀のスタイル いま注目「自宅葬」のメリット

公開日: 更新日:

 葬儀のスタイルが多様化している。中でも注目を集めているのが「自宅葬」だ。

 自宅葬を専門に行う「鎌倉自宅葬儀社」の馬場翔一郎さんは、葬儀業界で10年以上働いてきたが、「残された家族が気持ちの整理がつかぬまま、慌ただしく葬儀が終わる。故人をしっかり見送れる方法はないものか」と常々感じてきた。模索する中で、行き着いたのが自宅葬だった。

 かつては普通だった自宅葬だが、意外なことに、専門に行う葬儀会社はほぼないという。

「住環境の問題や希薄なコミュニティーなどから、現代社会において、特に都心では難しい。葬儀をよく知っている人ほど『手間がかかる』という認識があります」

 そこで馬場さんは「自宅葬コンシェルジュ」として、現代型の自宅葬を提案。基本的に、家族や親族、親しい友人たちの少人数の葬儀で、室内の飾り付けもシンプル。しかし、“見送り”にかける期間は5~7日間と長く設定し、自宅で、親しい人たちが、故人の思い出を存分に語れるように配慮している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」