多様化する葬儀のスタイル いま注目「自宅葬」のメリット

公開日: 更新日:

 葬儀のスタイルが多様化している。中でも注目を集めているのが「自宅葬」だ。

 自宅葬を専門に行う「鎌倉自宅葬儀社」の馬場翔一郎さんは、葬儀業界で10年以上働いてきたが、「残された家族が気持ちの整理がつかぬまま、慌ただしく葬儀が終わる。故人をしっかり見送れる方法はないものか」と常々感じてきた。模索する中で、行き着いたのが自宅葬だった。

 かつては普通だった自宅葬だが、意外なことに、専門に行う葬儀会社はほぼないという。

「住環境の問題や希薄なコミュニティーなどから、現代社会において、特に都心では難しい。葬儀をよく知っている人ほど『手間がかかる』という認識があります」

 そこで馬場さんは「自宅葬コンシェルジュ」として、現代型の自宅葬を提案。基本的に、家族や親族、親しい友人たちの少人数の葬儀で、室内の飾り付けもシンプル。しかし、“見送り”にかける期間は5~7日間と長く設定し、自宅で、親しい人たちが、故人の思い出を存分に語れるように配慮している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る