• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あなたの行動をすべて監視…スマホ遠隔操作ソフトの恐怖

 他人のスマホを遠隔操作でのぞき見――。こんな不正を行っていた連中が逮捕された。京都府警など15道府県が一斉に摘発したもので、金沢大助教の尾崎聡容疑者(55)らが逮捕、ほかに10人が書類送検された。

 遠隔操作では、2013年に東京の会社員の男が逮捕された事件が思い出される。男は他人のパソコン(PC)を遠隔操作ウイルスに感染させて悪さをしていた。
「今回はウイルスではなく、他人のスマホに遠隔操作ソフトをインストールさせたのです。尾崎は知人女性のスマホにソフトを入れ、女性の行動を監視していました」(捜査事情通)

 このソフトは横浜のソフト開発会社が販売した「アンドロイドアナライザー」。他人のスマホを簡単に乗っ取ることができる。ただ、こうした遠隔操作ソフトは以前から一般に出回っていた。

「ビジネスの利便性のために開発されたもので、十数年前から出回ってます。私も使ってます」とはスマホ評論家の新田ヒカル氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る