未婚男性を幸せにしてくれる「バツイチ女性」の見つけ方

公開日:

「世の中変わった」と痛感させられたのが先日、厚労省がまとめた人口動態統計の特殊報告だ。2015年の結婚データを整理したところ、夫と妻の両方、またはいずれかが再婚だったカップルの割合が26.8%に達した。4分の1以上が再婚組で、過去最多という。

 内訳は夫だけが再婚だったのが6万3588件(10%)、夫婦の両方が再婚なのが6万1325件(9.7%)だった。妻だけが再婚、つまり夫が初婚なのは4万5268件(7.1%)という数字だ。

「東京家族ラボ」主宰の池内ひろ美氏によると、昔は初婚男性がバツイチ女性と結婚する場合、男性の親が猛反対したという。そうした古い意識が薄れてきたのだろう。

 初婚男性が彼女たちと結婚する場合、どこをチェックすればいいのか。池内氏が言う。

「前夫と離婚した原因を聞くことをオススメします。原因が夫の暴力だったら要注意。その女性は暴力男と別れられない“共依存”に陥っていたかもしれないからです。彼女たちはわざとほかの男性と食事したりして、恋人が心配してくれるかを確かめようとします。結婚したら新しい夫も共依存に陥り、暴力夫に変身する危険性があるのです。前夫が借金をつくったというケースも、女性が甘やかした共依存の可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る