• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

医学部は3人に2人 東大脳育てる公文式の“小さな成功体験”

 受験シーズン真っ盛りで、2週間後には国公立大学の2次試験が迫る。トップに君臨する東大生の3人に1人が通っていたという学習塾が、計算練習や漢字の書き取りでおなじみの「KUMON」だ。全国に1万6300教室を持ち、子供に通わせている人も少なくないだろう。

「なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?」(祥伝社新書)の著者、おおたとしまさ氏の調査では、東大生100人のうち34人がKUMONを経験。さらに、東大受験指導専門塾「鉄緑会」出身の東大医学部生に限ると、3人に2人! 受験の最難関を突破したエリートは、公文式で学力を磨いていたらしい。

■自力で考えてミスを修正

 公文式は、“東大脳”を養うのに効果的のようだが、その秘密は何なのか。おおた氏が言う。

「公文式は、子供のやる気をそがず、勉強に集中して取り組む姿勢を身に付けさせるシステムなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る