日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

医学部は3人に2人 東大脳育てる公文式の“小さな成功体験”

 受験シーズン真っ盛りで、2週間後には国公立大学の2次試験が迫る。トップに君臨する東大生の3人に1人が通っていたという学習塾が、計算練習や漢字の書き取りでおなじみの「KUMON」だ。全国に1万6300教室を持ち、子供に通わせている人も少なくないだろう。

「なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか?」(祥伝社新書)の著者、おおたとしまさ氏の調査では、東大生100人のうち34人がKUMONを経験。さらに、東大受験指導専門塾「鉄緑会」出身の東大医学部生に限ると、3人に2人! 受験の最難関を突破したエリートは、公文式で学力を磨いていたらしい。

■自力で考えてミスを修正

 公文式は、“東大脳”を養うのに効果的のようだが、その秘密は何なのか。おおた氏が言う。

「公文式は、子供のやる気をそがず、勉強に集中して取り組む姿勢を身に付けさせるシステムなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事