リア充ライフをSNSで拡散 “意識高い系女子”の心理とは?

公開日:

 充実した生活を追求する女性は、「意識高い系女子」「キラキラ女子」と呼ぶそうだ。

 保険会社のOL(29歳)は、「ヨガの帰りに、カフェに寄るのが定番。ラテアートの写真をフェイスブックに載せるんです」とニッコリ。オジサンなら、居酒屋のウマい肴に感激してパチリとやる感覚か。

「休日の朝はカフェでアサイーボウルとか。一時期は瓶に野菜や果物を入れて『今日のメイソンジャーサラダ』を毎日SNSに載せてました」と野菜生活に力を入れるのはメーカー勤務の31歳。ナイスな朝食で体にビタミンやミネラルをチャージしたら、「朝活やいろいろなセミナーに通って『自分を高めてくれる出会いに感謝』っていつも書いてます」(27歳・看護師)と自分を磨く。二日酔いなんて無縁だ。

 ここまでは独身OLの話で、奥さま編はこんな具合だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る