入学式や運動会の撮影は? ドローン操縦士派遣会社に聞く

公開日: 更新日:

 結婚式の記念撮影もドローンを使って空から撮影する時代。草野球の“華麗”なプレーも空撮で残せるようになった。

 ドローン操縦士を派遣する「トライアロー」が、今月から「バード・ビュー」という空撮サービスを始める。

「野球の空撮もできますし、大学のラグビー部ならフォーメーションチェックにも活用できると思います。料金は2時間で2万円から。別途、操縦士の交通費をお願いします」(トライアロー広報担当者)

 ただし、問題がないわけではない。首相官邸にドローンが進入、落下した事件をきっかけに、住宅密集地の飛行など航空法が厳しくなった。そのため、ドローン飛行が可能な区域かどうか確認しなくてはいけない。国交省の許可が出るまでは2週間ほどかかるという。

 では、子どもの入園式や入学式、運動会を空撮することも可能なのか……。運動会の場合、撮影はお父さんの大事なミッション。ゴール前は、ビデオカメラは言うに及ばず、デジタル一眼レフに大型望遠レンズを取り付けたプロ並みの人までいる。小さなデジカメでは肩身が狭かったりするが、そこにドローンを持ち込めば、お父さんとしても鼻高々だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る