ロッテが“溶けるガム”発売 開発の裏にタブレットの存在が

公開日: 更新日:

 クリーンヒットとなるか――。ロッテはガムの食感でありながら、口の中で溶ける「イートミント」を発売した。年間100億円の売り上げを目指し、その場合、20億円の投資が必要というから大プロジェクトだ。勝算はあるのか。

 次の仕事に向かう時など、リフレッシュしたい20~30代の社会人男性がターゲット。ガムのパッケージは銀色のかっこいいデザインで、おしゃれだ。価格はガムの2~3倍で、14粒で約300円と割高だ。販売も山手線内に限定。3月28日から29駅約140の売店で販売を開始しているが、売れ行きは順調。品切れする店もあるという。

「これまで当社は、万人受けする商品を大量生産するという“規模”を生かしたビジネスモデルでした。ニーズが多様化する中、それだけでは生き残れない。今回は、ターゲット顧客を明確に絞る戦略を取りました。量産から入るのではなく、売れ行きを追いながら生産体制を整えていく試みは、ロッテとしても初めてに近いかもしれません」(ロッテ広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

もっと見る