おねだりにも違い “小悪魔”と“悪女”の心理と行動パターン

公開日:  更新日:

 今期の民放ドラマは、恋愛の駆け引きが下手な女子が主人公になる作品が注目されている。そんな主人公と対局にいるのが、自称38歳で巨額詐欺事件を起こした山辺節子容疑者(62)だろう。

 悪女なのか小悪魔なのか。いずれにしても、男性が何となく気になる存在だろう。詐欺犯は、そんな男性の下心を逆手にとったのだろうが、両者には明確な違いがある。「未婚当然時代」の著者の、にらさわあきこ氏に聞いた。

「恋愛の範囲内で、相手を振り向かせるためにうまく駆け引きをするのが小悪魔です。買ってほしいものをおねだりしたりもしますが、金銭目当てではありません。一方、カネと名誉のために相手の気持ちを利用し、搾り取るのが悪女です」

 タイに逃げて捕まった悪女の被害者みたいに、しゃぶり尽くされたらシャレにならない。そんな女性の境界線はどこにあるのか。判別できるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る