田んぼ2反が63万円 激安「官公庁オークション」最新事情

公開日:

 家計を助ける「ふるさと納税」に見直しの動きが出ている。寄付額に応じた返礼品の競争が過熱しすぎて、金券・商品券の場合の還元率は5割を超すものも出現。勝浦市の商品券は、なんと1万円の寄付で7000円分がもらえる。商品券はネットで転売され、さすがに総務省も難色を示し始めているのだ。

 そこで注目されているのがヤフーの「官公庁オークション」だ。簡単に言えば、税金滞納者の差し押さえ品をインターネットで公売する仕組みだが、「食品・飲料」から「チケット・金券」、はては「不動産」まで何でもそろう。しかも、“ワケあり”のため、価格は市価より安価だ。

「平成28年度産のはえぬき玄米30キロを6800円の見積価格で出品しました。スーパーで買うよりお安いと思います。他にゆうパック送料がかかります」(山形県最上町・税務課)

 見積価格とは、最低落札価格のこと。「せり売り形式」のため必ずしも6800円で買えるわけではないが、運が良ければこの金額で手に入る。買い手が支払うのは落札金額のみで、手数料等は自治体が支払ってくれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る