ポテチ後発のカルビー 40年前のCMが契機でシェア逆転

公開日: 更新日:

 北海道産ポテトの不作で巻き起こったポテチ騒動。4月にカルビーが15商品の販売休止、18商品の販売終了を発表すると、一部商品(ピザポテト)で買い占めや高値での転売が起こった。

 全国のスーパーでは休売・終売商品に限らずポテチ全体の売り上げが急増(カスタマー・コミュニケーションズ調べ)。いわゆる「駆け込み需要」というやつで、普段あまりポテチを食べない人や、“すべてのポテチが世の中から消える”と思い込んだ人が、慌てて売り場に足を運んだのだろう。

 余波は高級品を扱うデパートにも及んでいる。京王百貨店新宿店・地下1階の「紀ノ国屋」では、騒動を受けてポテトチップスの取扱量を通常の2倍に拡大。国内外約10種類のポテチが商品棚に並ぶ。スーパーなどに比べたら少ないが、「高齢のお客さまが多いデパ地下としてはかなり多い」(同百貨店広報・深山千種さん)と強調する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る