ポテチ後発のカルビー 40年前のCMが契機でシェア逆転

公開日:

 北海道産ポテトの不作で巻き起こったポテチ騒動。4月にカルビーが15商品の販売休止、18商品の販売終了を発表すると、一部商品(ピザポテト)で買い占めや高値での転売が起こった。

 全国のスーパーでは休売・終売商品に限らずポテチ全体の売り上げが急増(カスタマー・コミュニケーションズ調べ)。いわゆる「駆け込み需要」というやつで、普段あまりポテチを食べない人や、“すべてのポテチが世の中から消える”と思い込んだ人が、慌てて売り場に足を運んだのだろう。

 余波は高級品を扱うデパートにも及んでいる。京王百貨店新宿店・地下1階の「紀ノ国屋」では、騒動を受けてポテトチップスの取扱量を通常の2倍に拡大。国内外約10種類のポテチが商品棚に並ぶ。スーパーなどに比べたら少ないが、「高齢のお客さまが多いデパ地下としてはかなり多い」(同百貨店広報・深山千種さん)と強調する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る