缶詰ミカンなぜつるつる? 加工組合に聞いた薄皮の剥き方

公開日: 更新日:

「どうしてこんなにキレイに薄皮を剥けるのか」

 缶詰やゼリーの中に入っているミカンを見て、そう思ったことがある人は少なくないだろう。どう剥いているのか。日本蜜柑缶詰工業組合の川手浩司事務局長に聞いた。

 まず外皮。S・M・Lなどのサイズごとに分けられたミカンは、蒸気で皮をふやかしてから、皮剥き機にかけるという。

「皮に傷をつけて、めくれた部分を巻き取りながら外皮を剥いていく仕組みです。その後、ジェット水流で1房ずつバラバラにします」

 薄皮の部分は、さすがに機械で剥くことはできないので、薬品で処理するという。

「薄い酸性の溶液(食用塩酸)で薄皮を構成する物質のひとつペクチンを溶かしたら、薄いアルカリ性の溶液(水酸化ナトリウム)に浸し、同じくセルロースを溶かします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

もっと見る