缶詰ミカンなぜつるつる? 加工組合に聞いた薄皮の剥き方

公開日:

「どうしてこんなにキレイに薄皮を剥けるのか」

 缶詰やゼリーの中に入っているミカンを見て、そう思ったことがある人は少なくないだろう。どう剥いているのか。日本蜜柑缶詰工業組合の川手浩司事務局長に聞いた。

 まず外皮。S・M・Lなどのサイズごとに分けられたミカンは、蒸気で皮をふやかしてから、皮剥き機にかけるという。

「皮に傷をつけて、めくれた部分を巻き取りながら外皮を剥いていく仕組みです。その後、ジェット水流で1房ずつバラバラにします」

 薄皮の部分は、さすがに機械で剥くことはできないので、薬品で処理するという。

「薄い酸性の溶液(食用塩酸)で薄皮を構成する物質のひとつペクチンを溶かしたら、薄いアルカリ性の溶液(水酸化ナトリウム)に浸し、同じくセルロースを溶かします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る