藤井四段29連勝は通過点 A級相手に問われる“棋士の真価”

公開日: 更新日:

 大記録樹立だ。

 藤井聡太四段(14)が竜王戦トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)を下し、前人未到の公式戦29連勝を達成した。最年少棋士による快挙だ。

「週刊将棋」元編集長の古作登氏(大阪商業大アミューズメント産業研究所主任研究員)はこう言う。

「彼の強さは常に冷静なことです。最近話題の将棋のAI(人工知能)に近い。感情に押し流されることなく、淡々と勝負を進める。誰もが認める大器です。29連勝を達成して、今後は精神的プレッシャーが心配との声もありますが、藤井四段は過剰な自信やプレッシャーとは無関係。これまで通り、勝負に最善を尽くし、今回敗れた増田四段とともに、10代の若手として将棋界を盛り上げていきますよ」

■上位ランカーが手ぐすね

 竜王戦の1回戦を突破した藤井四段。この調子で勝ち抜き、優勝を期待する声もあるが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る