夏こそ「浴槽浴」がいい理由 バスクリンお風呂博士が解説

公開日:

 猛暑でぐったり。ついつい軽くシャワーで済ませてしまいがちだが、よく眠れない原因がコレかもしれない。

 バスクリンお風呂博士の石川泰弘さん(写真・運動生理学)は「夏こそ湯船につかるべきです」と指摘する。石川さんは入浴好きが高じて順天堂大で本格的に博士号を取得したという人物だ。

「脳と体は体温が下がると休息モードになりますが、お風呂につかることで一時的に体温を上昇させると、血管が拡張するため今度はスムーズに体温が下がります。これがよい睡眠につながる。つまり、夏場によく眠れないという人は、お風呂につかってみてください」(石川さん)

 浴槽浴(40度、10分間)とシャワー浴を比較した実験によると、浴槽浴は体の深部温度(中心部)が0.8度上昇。シャワー浴は0.3度ほどしか上がらなかった。逆に入浴してベッドに入る頃には、浴槽浴の場合は深部温度が0.6度以上下がり、シャワー浴は0.3度程度しか下がらなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る