毎日食べればO157に感染しにくい? 納豆の免疫効果に期待

公開日:

 まさかポテトサラダからとは……。埼玉県熊谷市のスーパーの総菜で買ったポテトサラダを食べた6人がO―157に感染し、5歳の女児が意識不明の重体に陥った。生肉や生ガキなどなら警戒することもできるが、サラダとなるとお手上げだ。

 O―157などの食中毒を完全に防ぐ方法はないが、ある程度の予防なら可能。例えば、地球上で最強とされる納豆菌がある。

 岐阜市医師会が1996年にO―157の集団感染が認められた市内N小学校の児童の生活行動を調査したところ、発酵食品や乳酸菌のうち、味噌汁やヨーグルトに予防効果は認められなかったが、「納豆」については腸炎症状が出た児童にハッキリとした差が出た。具体的には納豆を「食べない」児童の腸炎発症率は21.1%だったのに対し、「週3回以上食べる」児童は3分の1の7.5%しか発症しなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る