曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

あくら(加太)淡嶋温泉で世界的な料理長の料理を食す

公開日:  更新日:

 大阪市内から1時間ぐらいと、プチリゾートに適しているのが加太淡嶋温泉。中でも「大阪屋ひいなの湯」は、淡嶋神社のすぐそばで、夕日を眺めながら露天風呂が楽しめるとあって人気だ。

 温泉と施設の良さもさることながら、この宿の評価を高めているのが館内「あくら」の赤間博斗料理長が作る会席料理である。赤間料理長は、国内ばかりか、海外でも評判を取る日本料理の職人。イタリアのペスキチで行われるイベントにも参加し、和と伊のフュージョン料理を披露した。摘み菜料理にもたけていて、その分野では海外から注目を集めているという。

 加太といえば鯛が有名。赤間料理長によると、「加太の漁師は資源管理型漁業を推進しており、魚が捕食するプランクトンを守るために底曳き漁はやらず、一本釣りで魚を捕っている」そうだ。しかも疑似餌による釣りなので、魚は変な餌を口にせず揚がるので臭くない。そんな漁法の良さから作られるのが煮合。湾内で捕れたイワシを醤油と水、昆布で煮たものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る