• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

一吉(谷八)甘さ控えた白味噌餡の最中は男性にも人気

 女性はもとより男性もひっきりなしに訪れるのは谷町八丁目にある小さな最中屋「一吉」だ。男性をもとりこにする秘密は甘さを抑えた餡。同店を営む山本由起子さんは、白餡にこだわり、定番の「粒餡」(200円)以外は、白餡で商品を構成。ごまくるみ(230円)あり、いちじくあり、ごぼうやラムレーズン、モンブランと変わり種がズラリと並ぶ。

「店を始める時に関西は白味噌のイメージが強いので、それを餡と合わせて作ろうと思いました」と話す。北海道手亡豆を原料に白餡を作り、そこに福井のマルカワ味噌の白味噌を加えて独特の風味に仕上げている。最中といえば、黒いあんこが当たり前だが、「一吉」では「粒餡」を除いては白餡が基本。さらに味噌餡になっているので糖度も抑えられるから男性にも人気というわけだ。

 一般的に和菓子などは糖度を上げることに日持ちさせる役目を担っている。ところが、山本さんは「日持ちしないお菓子の方がおいしい」と考え、あえて糖度を抑える工夫をして商品化している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る