• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

バー・リード(梅田)バーテンダーの力量がすごい!

 どこかで食べた後に大阪駅付近まで来て飲み足りないと思うのは、我が習性のようだ。2軒目といっても終電までには帰りたい。そう思うと駅近くのバーがぴったりである。大阪新阪急ホテル地下1階のバー「リード」は、すぐそこがJR大阪駅や阪急梅田駅なので、ギリギリまで飲んで駅に直行できる。おまけにバーとはいえ、店は大きめ。ズラリと並んだボックス席の両端には2つの個室があるので宴会の2次会にも適している。

 昨夏、私のお気に入りだったカクテルは、そのベースとなるジンがないらしく、幻になってしまったが、それとよく似た「パープル・ジントニック」(1000円)は、さわやかな風味でいい。紅茶などに用いるマローヴルーフラワーをジンに漬け込ませて仕上げたもの。まさにアロマティックなジントニックといえよう。

 バーの楽しみは、バーテンダーとの会話によるところも大きい。「リード」のバーテンダー・豊田晃規さんは、「阪急インターナショナル」のメインバーから移ったという経歴を持つ。もともとは街場のバーで修業をしていたそうだが、その後はホテルのバーをステージに活躍している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る