• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

炭火き焼肉じゅうじゅう亭(関目)厚切りタンに見る肉質の良さ

 地下鉄・関目高殿駅すぐの所に焼き肉通が通う店がある。店名を「じゅうじゅう亭」といい、かつて肉の卸しをやっていた吉田貞夫さん(吉=つちよし)が営む家族経営の焼き肉店だ。

 この店の特徴は、牛肉のレベルの高さもさることながら、もみダレの味にある。吉田夫人が作ったタレの味がよかったために漬けダレは用いず、焼いてそのまま食べるやり方に。タレは注文が通ってから肉にもみ込むそうで、味噌味のこってりしたもの。これが炭火と相まって香ばしさを醸す。

 同店の牛肉は、一般的な焼き肉店と比べると、かなり質は高い。極上ロース、極上バラ(ともに1800円)、上バラ(1100円)は、金賞を獲得したほど有名なミヤチク(宮崎畜産)から仕入れたもの。吉田さんによれば、これらの肉は東京の高級店にしか流れていないらしく、宮崎の人でもあまり食せない代物だとか。それがこの値で食せるのだから評判を取るのも納得がいく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る