文化の違い? 米国で宝くじ830億円“当選者顔出し”のナゼ

公開日:  更新日:

 夢はあるけど、こんなに大金でなくてもいい。

 米国の宝くじ「パワーボール」で、マサチューセッツ州の女性が個人としては歴代最高額の7億5870万ドル(約830億円)に当選した。パワーボールは1枚2ドル(約220円)で、1等に当たる確率は約2億9200万分の1。隕石に当たって死亡する確率より低いという。ただ、米国では毎年のように5億ドル前後の賞金が当たっており、昨年1月には史上最高額15億ドル(約1650億円)が当たっている(当選者は3人)。

 今回の当選者は病院勤務のメービス・ワンジクさん(53)で、すでに職場には辞表を提出。当選金の受け取りは30年の分割と一括で受け取る方法があるが、彼女は一括払いを選択。一括の場合は約6割の4億8050万ドル(約530億円)に当選金が減額される。この他、連邦税と州税で約45%も引かれる。まあ、それでも300億円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る