男女問題研究家が指摘 “新・三種の神器”を嫌う男に母の影

公開日: 更新日:

 家事ハラは、主に家事をしくじった夫への妻のパワハラを指す。ちょっとしたミスにそこまで目くじらを立てるかという文脈で使われるが、罵倒されても仕方ないケースもあるという。

 男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「最近は、掃除ロボットと食洗機、乾燥機付き洗濯機が“新・三種の神器”と呼ばれますが、男性の中には、妻が機械に頼ることを嫌がる人がいます。そういうタイプは、トラブルになりやすい」

 厚労省の「平成28年版国民生活基礎調査の概況」によると、サラリーマン世帯のうち共働きは1129万世帯。ほぼ3世帯に2世帯だ。では、夫婦の家事がどうなっているかというと、夫が家事をするのは1週間でわずか39分だが、妻は同4時間53分。2011年の調査で、近く発表される最新調査では改善しているかもしれないが、家事の分担はほとんど妻に偏っている。それが妻の怒りの背景にあるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る