切手が新たなコミュニケーション手段に 偽造防止策は?

公開日:

 電子メール全盛とはいえ、切手を貼った手紙や封筒も少なくない。最近は、ネットでお気に入りのデザインの切手を注文できて、新たなコミュニケーション手段として注目されている。

 しかし、切手は紙幣と同じ金券。どのような偽造防止策が施されているのだろうか? 「なぜ唐突にそんなことを」と思うかもしれないが、今年1月には、使用済み切手を切り貼りして未使用品に見せかけ、本物の切手1万円分と交換した都内の銀行員(57歳)が、切手の偽造を禁ずる郵便法違反と詐欺の疑いで逮捕されている。9年前には韓国の偽造グループが、日本の50円切手60万枚(3000万円相当)を日本に密輸して逮捕されたこともある。

 切手偽造の摘発件数を警察庁に問い合わせてみると、「個別の件数は統計にない」という。切手偽造は「有価証券偽造」に含まれていて、その数は昨年1年間で61件。通貨偽造(527件)に比べて圧倒的に少ないが、ゼロではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る