切手が新たなコミュニケーション手段に 偽造防止策は?

公開日:

 電子メール全盛とはいえ、切手を貼った手紙や封筒も少なくない。最近は、ネットでお気に入りのデザインの切手を注文できて、新たなコミュニケーション手段として注目されている。

 しかし、切手は紙幣と同じ金券。どのような偽造防止策が施されているのだろうか? 「なぜ唐突にそんなことを」と思うかもしれないが、今年1月には、使用済み切手を切り貼りして未使用品に見せかけ、本物の切手1万円分と交換した都内の銀行員(57歳)が、切手の偽造を禁ずる郵便法違反と詐欺の疑いで逮捕されている。9年前には韓国の偽造グループが、日本の50円切手60万枚(3000万円相当)を日本に密輸して逮捕されたこともある。

 切手偽造の摘発件数を警察庁に問い合わせてみると、「個別の件数は統計にない」という。切手偽造は「有価証券偽造」に含まれていて、その数は昨年1年間で61件。通貨偽造(527件)に比べて圧倒的に少ないが、ゼロではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る