• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

富山県は男女とも…「不慮の事故死」リスクが高い理由

 運が悪かった――。人の生死は、このひと言では片付けられない。だが、厚労省データの「死因別死亡率」の分類にある「不慮の事故」で亡くなる人がいるのも事実。交通事故や火災、水難事故や食中毒など、予想だにしない事態に巻き込まれて命を落とすケースだ。

「不慮の事故」による都道府県別順位を男女別に見ると(死亡率が高い順)、男性は①高知②富山③鹿児島④岩手⑤山梨……の順。女性は①富山②岐阜③福井④徳島⑤鳥取……。男女ともワースト5に入ったのは富山県だけ。なぜか?

 ハッキリした原因は不明だが、富山県は「水難事故による死亡者数」も全国一(2016年1年間で46人=大阪府と同数)だった。事故の発生場所は、「用水路」(18人)が最も多く、以下、「河川」(15人)、「海」(9人)と続く。

「富山はコメ農家が多く、用水路が家の近くまで細かく張り巡らされている。田んぼの見回りに行った高齢者が誤って落ちる事故は多い」(地元の農家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る