富山県は男女とも…「不慮の事故死」リスクが高い理由

公開日: 更新日:

 運が悪かった――。人の生死は、このひと言では片付けられない。だが、厚労省データの「死因別死亡率」の分類にある「不慮の事故」で亡くなる人がいるのも事実。交通事故や火災、水難事故や食中毒など、予想だにしない事態に巻き込まれて命を落とすケースだ。

「不慮の事故」による都道府県別順位を男女別に見ると(死亡率が高い順)、男性は①高知②富山③鹿児島④岩手⑤山梨……の順。女性は①富山②岐阜③福井④徳島⑤鳥取……。男女ともワースト5に入ったのは富山県だけ。なぜか?

 ハッキリした原因は不明だが、富山県は「水難事故による死亡者数」も全国一(2016年1年間で46人=大阪府と同数)だった。事故の発生場所は、「用水路」(18人)が最も多く、以下、「河川」(15人)、「海」(9人)と続く。

「富山はコメ農家が多く、用水路が家の近くまで細かく張り巡らされている。田んぼの見回りに行った高齢者が誤って落ちる事故は多い」(地元の農家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  6. 6

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  7. 7

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  8. 8

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  9. 9

    朝ドラ「まんぷく」絶好調で 安藤サクラはCM出演料が2倍に

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る