森永製菓「おっとっと」 絶妙ネーミングとコップ酒の関係

公開日: 更新日:

 1982年の発売から今年で35周年。森永製菓の「おっとっと」は、個性際立つスナック菓子だ。中空の軽い食感と多彩な菓子型、さらにはノンフライ製法も人気の理由で、「海のともだち」がそろう、主力のうすしお味はもとより、2015年に投入したコンソメ味の「ベジタブルおっとっと」も好調。「スーパーおっとっと」も加えた16年の売り上げは前年比増で着地した。

 圧倒的な特徴を持つロングセラー菓子は、いかにして生まれたのか――。

 始まりは研究部門からの「焼けば膨らんで中空になるシートができた。この技術を生かした商品を開発できないか」という提案だった。せっかくの新しい技術である。子どもが安心して食べられるスナック菓子をつくろうと考え、かたちは健康的なイメージから魚、味わいはあっさり塩味に行き着いた。早速、魚やイカ、カニなどの菓子型を開発するも、大きすぎると焼くときに割れてしまう。きれいに中空に膨らむサイズを探すまでは試行錯誤を重ねたというが、その苦労があったからこそ個性派スナックは誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  4. 4

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  5. 5

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  6. 6

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  9. 9

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  10. 10

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る