CMはおなじみでも中身は…なぜ子供は昔話を知らないのか

公開日: 更新日:

 桃から生まれた男の子が犬、猿、キジを連れて鬼退治へ。そんな昔話は親に読み聞かせてもらったり、「ぼーやー」でおなじみの「まんが日本昔ばなし」で見たりして親しみ、何となく覚えているものだろう。しかし、最近の中学生たちはこうだ。

「auのCMもあるし、桃太郎の存在は知ってるけど、話は知らない」

「金太郎って何者?」

 大学生たちに聞いても似たり寄ったりだ。

「さるかに合戦? 笠地蔵? 何ですか、それ」

 昔話は消えつつあるようだ。公立中学の国語教師はこう話す。

「35年近く教職にいますが、最近の子供に通じないのは、昔話だけではありません。ことわざや慣用句もまったく通じなくなったことを感じています。思い当たるのは、親たちがそれらを日常生活で使わなくなったのがひとつ。もうひとつは、多面的な考え方の影響です。昔話は、悪や正義を偶像化・擬人化して、単純で一方的な勧善懲悪的なストーリーですが、そういう物語は減りつつある。多様性を重視し、一面的なものの見方を排除しようという考えが働いているからでしょう。しかし単純だからこそ、想像を膨らませ、成長していく過程で足りない面を考えられるようになることがあるのですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る