田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

“競技場勝負”に持ち込めば藤井聡太四段にも勝機あり

公開日: 更新日:

 羽生善治竜王(47)の就位式が今月16日に都内ホテルで盛大に開催された。それに先立って、羽生竜王と竜王戦の6組で優勝した藤井聡太四段(15)の共同記者会見が行われた。

 主催者が注目度の高さから設定した異例のツーショット会見で、両者が対面する唯一の機会という事情もあったようだ。

 羽生は藤井が29連勝の新記録を達成した昨年6月、「29連勝は歴史的な快挙です。内容が伴っている点でも凄みがあります。桧舞台で顔を合わせる日を楽しみにしています」と語って藤井を絶賛した。

 その両者は朝日杯将棋オープン戦の準決勝で、2月17日に対局することが決まっている。タイトル戦の番勝負(複数回にわたる対局)ではないが、勝者が決勝に進出する大一番である。藤井が羽生に勝ち、さらに決勝で勝って優勝すれば、全棋士が参加する棋戦では15歳6カ月の最年少記録となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る