• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【じゃが芋のカリカリ焼き】お好み焼きのように手軽にできるフレンチ

カラーズ(北新地)

「子供が好きなので家でもたまに作るんですよ」と加藤シェフがいう「じゃが芋のカリカリ焼き」は、酒のツマミはもちろん、牛肉を焼いた時の付け合わせにもいい一品だ。

 自宅で酒を飲みながら作ることもあるらしく、それくらい手軽にできるツマミなのであろう。

 フライパン使用と記したが、家庭ではホットプレートでもOK。何回もひっくり返さず片面をじっくり15分ほど焼いてから、さらにもう一方の面を焼くのがコツ。こうすることで表面がカリカリに仕上がり、中はふんわりホクホク感が出る。

「カラーズ」はソムリエもいることからワイン中心のラインアップ。この料理にはアルザスのリースリング(白ワイン)が合うとすすめてくれた。

「アルザスはじゃが芋の名産地でもあるし、こってりしたものやしっかりした味の料理には、そのリースリングがマッチするんですよ。パンチのあるワインを飲みながらつまむのが私流の楽しみ方です」

 見た目には本格派でも意外に簡単なのがこの料理、お好み焼きを焼くような感覚で作りたい。

《材料》
じゃが芋 中2個(200グラム)
塩    ひとつまみ
バター     適量
オリーブ油   適量
オリーブ(緑)  1個
オリーブ(黒) 1個
黒こしょう   適量

《レシピ》
(1)じゃが芋を千切りにし、塩をする。
(2)フライパンにオリーブ油、バターを溶かし、じゃが芋を加えて2センチ厚に成形し、弱火で片方の面を約15分焼く。
(3)ひっくり返しもう片方の面も約5分焼く。
(4)出来上がったものを適度な大きさに切って黒こしょうを振り、緑と黒のオリーブを串に刺し飾る。

今日の達人 加藤吾郎さん

▽かとう・ごろう 大阪府出身。「パレスホテル」を皮切りにビストロなどで修業を積み、「グランヴィア大阪」で有名料理人・佐藤伸二氏に師事して現在の腕前を築いた。その後は、北新地・蜆楽通りに数店舗を持つ長兄が出したフランス料理店の厨房を任される。「少しずつおいしいものが食べたい」との声があり、現在のような洋食割烹スタイルの料理になっている。

●カラーズ
 激戦区・北新地で常に満席状態を保ち続ける人気店。フレンチもあれば、イタリアン、スパニッシュといろいろな西洋料理が楽しめると評判で、本人の言葉を借りれば“洋食カッポウ”のような店。1階はカウンター席で、2階は個室。「わがままを聞いてなんぼ」という提案型の料理がウケている。
大阪市北区曽根崎新地1―6―7
℡06・6345・5669

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る