榊淳司
著者のコラム一覧
榊淳司住宅ジャーナリスト

完成在庫急増でマンション値引き好機 狙い目のエリアは

公開日:

 不動産経済研究所が先日発表した17年の新築マンション供給数は首都圏が0.4%増の3万5898戸、近畿圏が4.7%増の1万9560戸。供給は多いが、市場に物件のダブつきが目につくようになってきた。例年、今の時期はディベロッパーの決算対策による値引き販売が目立つ。今年はどうか、住宅ジャーナリストの榊淳司氏に聞いた。

 ――マンションの供給が増え続けているのはなぜですか。

「15年ごろからマンション開発に適した事業用地の値上がりが続いているからです。私は昨年あたりから供給が減るのではないかと予想していましたが、外れました。各ディベロッパーとも高値をいとわず土地の仕入れを続けている、ということでしょう」

 ――ということは、今年もさらに値上がりしそうですね。

「そういうことになりそうです。ディベロッパーの仕入れ担当に聞くと、都心の土地はまだ値上がりが続いているそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る