榊淳司
著者のコラム一覧
榊淳司住宅ジャーナリスト

完成在庫急増でマンション値引き好機 狙い目のエリアは

公開日: 更新日:

 不動産経済研究所が先日発表した17年の新築マンション供給数は首都圏が0.4%増の3万5898戸、近畿圏が4.7%増の1万9560戸。供給は多いが、市場に物件のダブつきが目につくようになってきた。例年、今の時期はディベロッパーの決算対策による値引き販売が目立つ。今年はどうか、住宅ジャーナリストの榊淳司氏に聞いた。

 ――マンションの供給が増え続けているのはなぜですか。

「15年ごろからマンション開発に適した事業用地の値上がりが続いているからです。私は昨年あたりから供給が減るのではないかと予想していましたが、外れました。各ディベロッパーとも高値をいとわず土地の仕入れを続けている、ということでしょう」

 ――ということは、今年もさらに値上がりしそうですね。

「そういうことになりそうです。ディベロッパーの仕入れ担当に聞くと、都心の土地はまだ値上がりが続いているそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  4. 4

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る