自治体にインセンティブ 法改正で介護サービス崩壊の恐れ

公開日:  更新日:

「寄り道せずに真っすぐ帰っていれば……」

 女優の藤真利子(62)が、2年前の11月に、11年に及ぶ介護の末に母親を亡くしたことを読売新聞のインタビューで振り返っている。母親が2005年に脳梗塞で倒れたとき、藤は舞台を終えてボーイフレンドと食事中。それで発見が遅れたことから、「死なせてしまった」と後悔し続けているという。

 幸い、母親は一命を取り留めたが、半身マヒが残り、失語症に。介護状態は最も重い要介護5で、身体障害者1級。日常生活のすべてに介助が必要な状態だったという。地方ロケのときは、ヘルパーに泊まってもらって出張したそうだ。頭が下がる思いで、共感した人たちが「よくやった」とエールを送っている。

 当時49歳。サラリーマンなら、中間管理職として責任ある立場のはず。そう簡単に何度も何度も仕事を抜けることはできないだろう。最大93日休むことができる介護休業の利用率はわずか3.2%。藤の頑張りはたたえるのみだが、サラリーマンにとって介護をめぐる状況は深刻さを増す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る