羽生結弦は国民栄誉賞でも賞金なし お金がもらえる表彰は

公開日: 更新日:

 政府は、冬季五輪2大会連続金のフィギュアスケート羽生結弦選手(23)に国民栄誉賞を授与する方針を固めた。

 国民栄誉賞といえば、パワハラ問題に揺れるレスリングの伊調馨選手(33)が1年半前にもらったばかり。ネット上では「少し乱発し過ぎでは?」といった意見も出ている。

 確かに1977年に初受賞者となった王貞治(福岡ソフトバンクホークス会長)から数え、先月受賞した将棋の羽生善治竜王(47)と囲碁の井山裕太七冠(28)まで、過去41年で25人と1団体しか受賞していないのに安倍政権のわずか5年間で羽生選手が7人目となる。

 過去の例を見ると、国民栄誉賞は、おおむね1内閣1人が基本で、支持率低迷の内閣ほど受賞者を乱発するといわれる。実際、過去に3人の受賞者(藤山一郎、長谷川町子、服部良一各氏)を出した宮沢政権は、あっという間に退陣してしまった。国民栄誉賞の規定は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったもの」。時の内閣総理大臣が候補者について民間有識者の意見を聞いて決めるというが、では有識者とは一体誰か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  3. 3

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る