• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

過去には5500万円も 判例で分かったパワハラ慰謝料の相場

 パワハラ裁判では高額賠償金も認められている。昨年11月、名古屋高裁は市内の青果仲卸会社の女性社員(当時21)が自殺した原因が、職場でのいじめやパワーハラスメントだったとして、同社と先輩の女性社員2人に対し約5500万円の支払いを命じた。女性は自殺前、先輩2人から長期間にわたって繰り返し叱責されていたと認定、会社がそれを放置したため、うつ病を発症したとして、自殺との因果関係も認められた。

 最近は、すでに亡くなっているケースに限らず、現在進行形でパワハラに悩んでいるサラリーマンが上司や会社を訴えるケースも増えている。

■メモを残す場合はメールが有効

 ただ、パワハラ訴訟は手間がかかる。よほどの準備と覚悟が必要だ。弁護士の山口宏氏がこう言う。

「まずは労基署に赴いて労災認定を取得してから、弁護士などを通じてパワハラ行為を行った上司や会社を相手に賠償金の請求をするのが一般的ですが、訴訟前にやるべきことは少なくありません。第1は証拠集めです。罵倒や中傷している際の発言やモノを投げたときの物音などをスマホに記録します。書き直すことができるメモは、第三者の目も通していないので証拠能力としては弱い。メモを残す場合は、同僚や家族、友人にその場でメールにして送るなど、日付入りにした方が有効です。また暴力によるケガやうつ病を発症したのなら、必ず診断書をもらってください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る