• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クルーズが趣味の医師太鼓判 船旅が体に優しい3つの根拠

「飛行機に比べたら、船での旅行は格段に体への負担が少ない。1つや2つの持病が当たり前の中高年なら、船で旅行する方が安全です」

 こう言うのは、聖マリアンナ医大神経内科・元准教授の米山公啓医師。米山氏は、クルーズ船での旅行が好きで、何度となくクルーズ船での旅行を楽しんでいる。どんなところが体への負担を軽くするのか。米山氏に聞いた。

■エコノミークラス症候群のリスクがない

「船旅の一番の魅力は、ベッドで横になって寝られることです。飛行機のように体を丸めたり、縮めたりすることがないので、血流が滞るリスクが低く、エコノミークラス症候群になる心配がまずありません」

 エコノミークラス症候群は、脱水と窮屈な姿勢とが重なって、足の静脈に血栓ができる。それが肺に飛ぶと、最悪の場合、命を落とす。サッカー元日本代表の高原直泰は2002年、欧州遠征中の飛行機でこの病気を発症した。元気な人でも、ちょっとのことで発症しかねないが、船ならその心配がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る