アップルvsグーグル 注目の「音声入力」でより正確なのは

公開日:

 経済評論家の勝間和代氏や経済学者の野口悠紀雄氏が仕事に取り入れて話題を呼んでいる。それが、「音声入力」だ。

 勝間氏はブログ、野口氏は原稿のほとんどを、スマホやPCなどの音声入力機能を使って執筆しているそうだ。確かにスマホの検索やスマートスピーカーなど、以前より音声入力は一般的。だが、長文にも通用するのか。ITジャーナリストの熊山准氏に聞いた。

「一般的なのはiOSとグーグルの日本語入力ですが、どちらも性能は驚くほど進化しています。AIが前後の文脈から単語の意味を判断するので、長文の方が精度は上。最終的に校正は必要ですが、十分使えるレベルだと思いますよ」

 iOSの日本語入力は、アイフォーンやアイパッドに標準装備。グーグル日本語入力もアンドロイドスマホに搭載されているが、アプリをダウンロードすればアイフォーンでも使えるし、パソコンでは、「グーグルドキュメント」というクラウドサービス上で利用できるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る