アップルvsグーグル 注目の「音声入力」でより正確なのは

公開日: 更新日:

 経済評論家の勝間和代氏や経済学者の野口悠紀雄氏が仕事に取り入れて話題を呼んでいる。それが、「音声入力」だ。

 勝間氏はブログ、野口氏は原稿のほとんどを、スマホやPCなどの音声入力機能を使って執筆しているそうだ。確かにスマホの検索やスマートスピーカーなど、以前より音声入力は一般的。だが、長文にも通用するのか。ITジャーナリストの熊山准氏に聞いた。

「一般的なのはiOSとグーグルの日本語入力ですが、どちらも性能は驚くほど進化しています。AIが前後の文脈から単語の意味を判断するので、長文の方が精度は上。最終的に校正は必要ですが、十分使えるレベルだと思いますよ」

 iOSの日本語入力は、アイフォーンやアイパッドに標準装備。グーグル日本語入力もアンドロイドスマホに搭載されているが、アプリをダウンロードすればアイフォーンでも使えるし、パソコンでは、「グーグルドキュメント」というクラウドサービス上で利用できるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る