• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アップルvsグーグル 注目の「音声入力」でより正確なのは

 経済評論家の勝間和代氏や経済学者の野口悠紀雄氏が仕事に取り入れて話題を呼んでいる。それが、「音声入力」だ。

 勝間氏はブログ、野口氏は原稿のほとんどを、スマホやPCなどの音声入力機能を使って執筆しているそうだ。確かにスマホの検索やスマートスピーカーなど、以前より音声入力は一般的。だが、長文にも通用するのか。ITジャーナリストの熊山准氏に聞いた。

「一般的なのはiOSとグーグルの日本語入力ですが、どちらも性能は驚くほど進化しています。AIが前後の文脈から単語の意味を判断するので、長文の方が精度は上。最終的に校正は必要ですが、十分使えるレベルだと思いますよ」

 iOSの日本語入力は、アイフォーンやアイパッドに標準装備。グーグル日本語入力もアンドロイドスマホに搭載されているが、アプリをダウンロードすればアイフォーンでも使えるし、パソコンでは、「グーグルドキュメント」というクラウドサービス上で利用できるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る