“シャーキビリティー”を高められる いま注目の「5大サメ」

公開日:  更新日:

シャークジャーナリスト・沼口麻子さん

 世界で唯一のシャークジャーナリストとして、2012年11月から活動を始めた沼口麻子さん(38)は、東海大学大学院海洋学研究科水産学専攻修士課程修了という経歴の持ち主。在学中はサメの生態の研究に没頭した。卒業後は東京でOLになったが、「会社員生活はうまくいかなくて、学生の時に研究していたサメの解説なら誰にも負けない、好きなことをしたいと思ったんです」。今週は、迫る夏を前に、海の“暴れん坊”であるサメについて知ろう。

■サメ=人食いザメは間違った認識

 サメは水産業界でマグロやカツオのように価値の高いものではないし、研究もしにくい。

「例えば7メートル級のサメを1000匹捕まえて解剖するとなると、どうやって船をチャーターし、どこで解剖するのか。そもそも神出鬼没なんで、研究のための捕獲も難しいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る