“シャーキビリティー”を高められる いま注目の「5大サメ」

公開日: 更新日:

シャークジャーナリスト・沼口麻子さん

 世界で唯一のシャークジャーナリストとして、2012年11月から活動を始めた沼口麻子さん(38)は、東海大学大学院海洋学研究科水産学専攻修士課程修了という経歴の持ち主。在学中はサメの生態の研究に没頭した。卒業後は東京でOLになったが、「会社員生活はうまくいかなくて、学生の時に研究していたサメの解説なら誰にも負けない、好きなことをしたいと思ったんです」。今週は、迫る夏を前に、海の“暴れん坊”であるサメについて知ろう。

■サメ=人食いザメは間違った認識

 サメは水産業界でマグロやカツオのように価値の高いものではないし、研究もしにくい。

「例えば7メートル級のサメを1000匹捕まえて解剖するとなると、どうやって船をチャーターし、どこで解剖するのか。そもそも神出鬼没なんで、研究のための捕獲も難しいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る