• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“シャーキビリティー”を高められる いま注目の「5大サメ」

シャークジャーナリスト・沼口麻子さん

 世界で唯一のシャークジャーナリストとして、2012年11月から活動を始めた沼口麻子さん(38)は、東海大学大学院海洋学研究科水産学専攻修士課程修了という経歴の持ち主。在学中はサメの生態の研究に没頭した。卒業後は東京でOLになったが、「会社員生活はうまくいかなくて、学生の時に研究していたサメの解説なら誰にも負けない、好きなことをしたいと思ったんです」。今週は、迫る夏を前に、海の“暴れん坊”であるサメについて知ろう。

■サメ=人食いザメは間違った認識

 サメは水産業界でマグロやカツオのように価値の高いものではないし、研究もしにくい。

「例えば7メートル級のサメを1000匹捕まえて解剖するとなると、どうやって船をチャーターし、どこで解剖するのか。そもそも神出鬼没なんで、研究のための捕獲も難しいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る