“シャーキビリティー”を高められる いま注目の「5大サメ」

公開日:  更新日:

シャークジャーナリスト・沼口麻子さん

 世界で唯一のシャークジャーナリストとして、2012年11月から活動を始めた沼口麻子さん(38)は、東海大学大学院海洋学研究科水産学専攻修士課程修了という経歴の持ち主。在学中はサメの生態の研究に没頭した。卒業後は東京でOLになったが、「会社員生活はうまくいかなくて、学生の時に研究していたサメの解説なら誰にも負けない、好きなことをしたいと思ったんです」。今週は、迫る夏を前に、海の“暴れん坊”であるサメについて知ろう。

■サメ=人食いザメは間違った認識

 サメは水産業界でマグロやカツオのように価値の高いものではないし、研究もしにくい。

「例えば7メートル級のサメを1000匹捕まえて解剖するとなると、どうやって船をチャーターし、どこで解剖するのか。そもそも神出鬼没なんで、研究のための捕獲も難しいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る