本州最果て“行きにくい青森”佐井村 知られざる絶景と美食

公開日: 更新日:

 青森県・下北半島の西側に位置する佐井村は、“行きやすい観光地”では決してない。だからこそ、貴重な絶景ポイントがあちこちに残る美しい村だ。また、四季折々さまざまな魚介類が食べられる美食のスポットでもある。 (取材・文 和田真知子)

 最近、食べて最も感動したもののひとつが、佐井村の岩海苔だ。「中でも価値の高い一番摘みは、手に入れるのが困難」とは、有名料理人からの信頼も厚い青森県・塩谷魚店の塩谷孝さん。特別に分けてくれた岩海苔は、香り、歯触り、味全てが、これまで食べた海苔をはるかに超えていた。

「では、海苔弁食べに行きましょうか」

「佐井村総合戦略課」の東出隆弘さんと「佐井村漁業協同組合」の木部司さんが連れて行ってくれたのが、「マルニ水産」(電話は「まんじゅうや」まで。℡0175・38・4212)。漁協の職員や漁師たちが昼に夜に集う飲食店だ。店主の北野友宣さんからいただいた名刺には「浜の料理研究家」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る