本州最果て“行きにくい青森”佐井村 知られざる絶景と美食

公開日:

 青森県・下北半島の西側に位置する佐井村は、“行きやすい観光地”では決してない。だからこそ、貴重な絶景ポイントがあちこちに残る美しい村だ。また、四季折々さまざまな魚介類が食べられる美食のスポットでもある。 (取材・文 和田真知子)

 最近、食べて最も感動したもののひとつが、佐井村の岩海苔だ。「中でも価値の高い一番摘みは、手に入れるのが困難」とは、有名料理人からの信頼も厚い青森県・塩谷魚店の塩谷孝さん。特別に分けてくれた岩海苔は、香り、歯触り、味全てが、これまで食べた海苔をはるかに超えていた。

「では、海苔弁食べに行きましょうか」

「佐井村総合戦略課」の東出隆弘さんと「佐井村漁業協同組合」の木部司さんが連れて行ってくれたのが、「マルニ水産」(電話は「まんじゅうや」まで。℡0175・38・4212)。漁協の職員や漁師たちが昼に夜に集う飲食店だ。店主の北野友宣さんからいただいた名刺には「浜の料理研究家」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る