本州最果て“行きにくい青森”佐井村 知られざる絶景と美食

公開日:

 青森県・下北半島の西側に位置する佐井村は、“行きやすい観光地”では決してない。だからこそ、貴重な絶景ポイントがあちこちに残る美しい村だ。また、四季折々さまざまな魚介類が食べられる美食のスポットでもある。 (取材・文 和田真知子)

 最近、食べて最も感動したもののひとつが、佐井村の岩海苔だ。「中でも価値の高い一番摘みは、手に入れるのが困難」とは、有名料理人からの信頼も厚い青森県・塩谷魚店の塩谷孝さん。特別に分けてくれた岩海苔は、香り、歯触り、味全てが、これまで食べた海苔をはるかに超えていた。

「では、海苔弁食べに行きましょうか」

「佐井村総合戦略課」の東出隆弘さんと「佐井村漁業協同組合」の木部司さんが連れて行ってくれたのが、「マルニ水産」(電話は「まんじゅうや」まで。℡0175・38・4212)。漁協の職員や漁師たちが昼に夜に集う飲食店だ。店主の北野友宣さんからいただいた名刺には「浜の料理研究家」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る