泉麻人氏が案内 “東京ミッドタウンじゃない”日比谷の魅力

公開日: 更新日:

 3月末に開業した「東京ミッドタウン日比谷」がにぎわっている。地上35階、地下4階で約60店舗が揃う新名所。GWは混雑すること必至だが、周囲を見渡せば日比谷、有楽町、内幸町、銀座、丸の内――。半径500メートル以内に東京を堪能できる穴場がある。東京都出身、70年代に日比谷界隈で青春を過ごしてきたコラムニストの泉麻人さん(62)に聞いた。

 日比谷は、江戸時代初頭まで入り江の湾(東京湾)だった。家康が入国し、埋め立てて江戸の大名屋敷地になったわけだけど、「日比」なんてのはノリの養殖で使う「ひび」あたりからきたんじゃないかな? ちなみに、日比谷っていう町名は「日比谷公園」しかない。

 大卒後、働いていた東京ニュース通信社は、プレスセンタービルのフロアに入っていたから、昼休みに日比谷公園の中を通り抜けて映画街に出たり、公園の中の「松本楼」でカレーライスを食べたり。80年代初めは、「野外音楽堂」で忌野清志郎のRCサクセションが話題になり始めたころ。野音にジャパニーズロックのコンサートが定着し始めて、見に行ってましたね。日比谷公園内には、江戸や明治時代のけっこうレアな遺構が移築保存されていて、大人になって歩くとなかなかおもしろい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る