泉麻人氏が案内 “東京ミッドタウンじゃない”日比谷の魅力

公開日: 更新日:

 3月末に開業した「東京ミッドタウン日比谷」がにぎわっている。地上35階、地下4階で約60店舗が揃う新名所。GWは混雑すること必至だが、周囲を見渡せば日比谷、有楽町、内幸町、銀座、丸の内――。半径500メートル以内に東京を堪能できる穴場がある。東京都出身、70年代に日比谷界隈で青春を過ごしてきたコラムニストの泉麻人さん(62)に聞いた。

 日比谷は、江戸時代初頭まで入り江の湾(東京湾)だった。家康が入国し、埋め立てて江戸の大名屋敷地になったわけだけど、「日比」なんてのはノリの養殖で使う「ひび」あたりからきたんじゃないかな? ちなみに、日比谷っていう町名は「日比谷公園」しかない。

 大卒後、働いていた東京ニュース通信社は、プレスセンタービルのフロアに入っていたから、昼休みに日比谷公園の中を通り抜けて映画街に出たり、公園の中の「松本楼」でカレーライスを食べたり。80年代初めは、「野外音楽堂」で忌野清志郎のRCサクセションが話題になり始めたころ。野音にジャパニーズロックのコンサートが定着し始めて、見に行ってましたね。日比谷公園内には、江戸や明治時代のけっこうレアな遺構が移築保存されていて、大人になって歩くとなかなかおもしろい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  6. 6

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  7. 7

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る