谷川真理さん<4>宣言通り都民マラソンで優勝しシドニーへ

公開日: 更新日:

 4月から昼休みに1時間、皇居の周りを走り始めたのですが、7月くらいになると、いつも走っている男性ランナーに、「都民マラソン(東京マラソンの前身)というのがあるから走ってみたら?」と声をかけられたんです。その大会で日本人トップになればシドニーに行けるよ、と。優勝賞品がシドニーのマラソン大会への招待だったんです。

 都民マラソンは翌年1月。海外へは専門学校の卒業旅行でバリ島に行っただけだったので、シドニーに招待というのがとにかく魅力的で、優勝するしかないと思いました。

 それで、走る距離も皇居1周ではなく、2周にしたんです。1周は5キロ。それが10キロになったので、相当速く走らないと休み時間に収まりません。

 他の社員たちが「お店が混む前に」と12時ちょっと前に会社を出るのを見届けてから、急いで着替えて走り、戻ってきてまた着替えて、何事もなかったかのように仕事につく。大変でしたよ。食事を食べる時間はなくなったので、営業の社員たちが外に出て行ったのを見計らって、3時ごろに更衣室で食事をとっていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る