谷川真理さん<4>宣言通り都民マラソンで優勝しシドニーへ

公開日:

 4月から昼休みに1時間、皇居の周りを走り始めたのですが、7月くらいになると、いつも走っている男性ランナーに、「都民マラソン(東京マラソンの前身)というのがあるから走ってみたら?」と声をかけられたんです。その大会で日本人トップになればシドニーに行けるよ、と。優勝賞品がシドニーのマラソン大会への招待だったんです。

 都民マラソンは翌年1月。海外へは専門学校の卒業旅行でバリ島に行っただけだったので、シドニーに招待というのがとにかく魅力的で、優勝するしかないと思いました。

 それで、走る距離も皇居1周ではなく、2周にしたんです。1周は5キロ。それが10キロになったので、相当速く走らないと休み時間に収まりません。

 他の社員たちが「お店が混む前に」と12時ちょっと前に会社を出るのを見届けてから、急いで着替えて走り、戻ってきてまた着替えて、何事もなかったかのように仕事につく。大変でしたよ。食事を食べる時間はなくなったので、営業の社員たちが外に出て行ったのを見計らって、3時ごろに更衣室で食事をとっていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る