谷川真理さん<4>宣言通り都民マラソンで優勝しシドニーへ

公開日: 更新日:

 4月から昼休みに1時間、皇居の周りを走り始めたのですが、7月くらいになると、いつも走っている男性ランナーに、「都民マラソン(東京マラソンの前身)というのがあるから走ってみたら?」と声をかけられたんです。その大会で日本人トップになればシドニーに行けるよ、と。優勝賞品がシドニーのマラソン大会への招待だったんです。

 都民マラソンは翌年1月。海外へは専門学校の卒業旅行でバリ島に行っただけだったので、シドニーに招待というのがとにかく魅力的で、優勝するしかないと思いました。

 それで、走る距離も皇居1周ではなく、2周にしたんです。1周は5キロ。それが10キロになったので、相当速く走らないと休み時間に収まりません。

 他の社員たちが「お店が混む前に」と12時ちょっと前に会社を出るのを見届けてから、急いで着替えて走り、戻ってきてまた着替えて、何事もなかったかのように仕事につく。大変でしたよ。食事を食べる時間はなくなったので、営業の社員たちが外に出て行ったのを見計らって、3時ごろに更衣室で食事をとっていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  6. 6

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  7. 7

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る