機内に遺影持ち込めず…悩む女性客に米航空会社の決断は?

公開日:

 先日、米カリフォルニア州オークランドにあるFOXテレビ系の地方局KTVUに勤めるフランク・サマービルさんのもとに、「キャサリン」と名乗る女性からメールが届いた。

 内容に心を動かされたサマービルさんは15日、自身のフェイスブックに投稿。メールにはこんな体験談が記されていたという。

 キャサリンさんの祖母コンセッタさんは5月8日に103歳で亡くなった。キャサリンさんは、葬儀で飾るため、コンセッタさんが100歳の時の誕生日の際に撮影した写真を大きく引き伸ばし、ポスターに。写真には祖母の本質である「感謝」の心が表れていると思ったからだ。

 キャサリンさんは、ポスターが折れたり破損したりしないようにボール紙に挟んで手荷物にして、10日、アラスカ航空の1176便に乗ることに。搭乗ゲートで、女性スタッフに「ポスターを目的地に着くまで安全に保管できないか」と尋ねたところ、「大きいから機内に持ち込むことはできない」「通常の貨物として運ぶしかない」などと言われたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る