周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

元エリート卓球選手の“夜の顔”は中国人専門クラブの経営者

公開日: 更新日:

 取材が終了直前、Y氏に最後の質問を投げた。

 ――毎日、昼は卓球道場、夜はクラブ、両立出来ますか?

「出来ないわけありません。卓球道場とクラブは、ボクにとって人生の二大車輪。卓球は丈夫でパワフルな体を保証してくれるし、クラブはボクのパワーを生かす場所です。道場で僕は生徒たちを元気にし、その収入で妻の生活を安定させています。クラブでボクはお客さんをハッピーにし、愛人と楽しく盛り上げます。みんなが幸せになれば、ボクも幸せになります」

 こう言いながらY氏はマイクを手にしてカラオケを歌い出した。十八番の曲「当你老了」(君が老いた時)だ。

当你老了(君が老いた時)
頭髪白了(髪の毛は白くなり)
睡意昏沈(いつも眠りたい)

当你老了(君が老いた時)
走不動了(歩けなくなり)
炉火旁打盹(暖炉のそばで居眠りしながら)
回憶青春(若かりし頃を思い出す)

 Y氏は年老いてもこの歌舞伎町で人生を謳歌し続けるつもりだ。

(この項おわり)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

  9. 9

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  10. 10

    定年後の健康保険0円に“秘策” 扶養入りという第4の選択肢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る