「占い婚活」で“運命の人”に 42歳女性は何を見てもらった

公開日: 更新日:

 実際、柏木さんが占いに興味を持ったのも、某IT系上場企業の社長が占い師に会社の経営を相談していると知ったからだという。では、婚活では何を占ってもらうのか。やっぱり、気になる相手との相性?

「それもありますが、第一に生年月日などから見る自分の基本的な性格です。人って意外と自分のことがわかっていないもの。もし、占いが当たっていないと思っても、自分にも違う側面があると考えることで視野が広がり、今まで気に留めていなかったタイプの人に会ってみようと思える。自分を見つめ直すきっかけになりました」

 当たっているか外れたかはそれほど重要ではなかったと話す柏木さん。インド占星術が基になった占いで相性がいい男性と会ったものの、お断りしてしまったこともあるそうだ。

「相性は最高だし穏やかでいい人なんですが、全くトキメキがないんですよ。でも、なんでダメなんだろうと考えることで、ぼんやりしていた結婚したい相手のイメージが具体的になっていきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る