WASHハウス社長・児玉康孝氏 起業の参考にしたこの3冊

公開日: 更新日:

 2001年に起業し、九州を中心にコインランドリー事業を展開してきた。16年に東証のマザーズに上場。同分野の上場企業は世界でも同社だけである。現在は中国、近畿、中京地区にも進出。東京でも豊島区上池袋で18日、新店舗がオープンした。

 伸び盛りの企業を指揮する児玉さんは、とても本が好きな少年だったという。

「SFモノから純文学までよく読みました。ただし中学からは遊びの方が忙しくて……。高校は宮崎で一番の進学校に進んだのですが本は読まないし、勉強はしなかったし、ひどかったですよ。水泳にのめり込み、体育の先生になろうと思っていました。スポーツをやっていた方がカッコいいって思ったんです。おかげさまで、中学、高校のときはモテましたよ(笑い)」

 水泳は宮崎県の代表選手になったほどの実力。一方で、大学生になっても、なかなか本に興味が向かなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る