まず相談 子供が不登校になったら受けられる5つのサポート

公開日: 更新日:

 ゴールデンウイークが明けたこの時季は、子供が不登校になりやすいとされる。自分の子供がそうなったら、どう対応すればいいのか。「SIA PROJECT」代表で、不登校解決カウンセラーの木村優一氏に聞いた。

「サポート機関は、直接的なものから間接的なものまでありますが、状況に合わせて、受けられる支援をチェックするといいでしょう」

 支援機関は大きく分けて5種類。手っ取り早いのが、「相談窓口」だ。子供を直接支援してくれる機関を探す前に、まずは親自身がここで相談。間接的に子供の支援となる。そんな窓口が、「教育センター」「ひきこもり地域支援センター」だという。

 学校の保健室や別室への登校は、学校によっては出席日数にカウントされるケースがある。出席日数が考慮される支援があることを親として知っておこう。ただし、子供に「出席日数のために行ったら?」などとは言わず、「情報として耳に入れておくだけでいい」という。そんな支援が、「保健室登校」「別室登校」「教育支援センター(適応指導教室)」「フリースクール」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  7. 7

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  8. 8

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る