まず相談 子供が不登校になったら受けられる5つのサポート

公開日:

 ゴールデンウイークが明けたこの時季は、子供が不登校になりやすいとされる。自分の子供がそうなったら、どう対応すればいいのか。「SIA PROJECT」代表で、不登校解決カウンセラーの木村優一氏に聞いた。

「サポート機関は、直接的なものから間接的なものまでありますが、状況に合わせて、受けられる支援をチェックするといいでしょう」

 支援機関は大きく分けて5種類。手っ取り早いのが、「相談窓口」だ。子供を直接支援してくれる機関を探す前に、まずは親自身がここで相談。間接的に子供の支援となる。そんな窓口が、「教育センター」「ひきこもり地域支援センター」だという。

 学校の保健室や別室への登校は、学校によっては出席日数にカウントされるケースがある。出席日数が考慮される支援があることを親として知っておこう。ただし、子供に「出席日数のために行ったら?」などとは言わず、「情報として耳に入れておくだけでいい」という。そんな支援が、「保健室登校」「別室登校」「教育支援センター(適応指導教室)」「フリースクール」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る